すっぴんで行くメリットも

フェイシャルエステに行く際、化粧をしていてもしていなくてもどちらでも大丈夫ですし、化粧をしているからと言って施術を断るエステなんてありません。それなら化粧をしてから行ったほうが、恥ずかしくなくて良いと考えてしまうかもしれませんが、すっぴんで行くメリットもあるのです。

まずひとつめに、スピーディーに施術を受けられること。サロンにはクレンジングのセットが置いてあることがほとんどですし、施術内容にクレンジングが含まれている場合も多くあります。しかし、施術の後に、デートやお買い物など、予定が詰まっているときに、しぶといガッツリアイメイクを落としている時間はちょっともったいないような気もします。スムーズに施術を受けられるという点で、すっぴんで行くのも良いかも知れません。

ふたつめに、エステティシャンに肌のコンディションを伝えやすくなるということ。メイクは、少なからずお肌に負担をあたえるものですし、肌の弱い方だと特にそうかと思います。その上、ゴシゴシと化粧を落とし負担をかけられた後のお肌では、きちんと自分の肌に合ったフェイシャルエステが受けられない可能性もあります。また、化粧をせずに行ったほうが、余計な汚れがない分エステの美容成分が浸透しやすいメリットもあるのです。美容成分の浸透率が上がれば、そのぶん仕上がりも良くなりますので、フェイシャルエステの予約をした日は、お肌の休息日という気持ちで、すっぴんで行ってみてはいかがでしょうか。

クレンジング直後では痛む可能性も

クレンジングのセット家からフェイシャルエステをしてもらうサロンまで、電車に乗り、さらに街中を通るという場合、化粧をしてから行こうと考えている方も少なくないかと思います。たしかに、最低限の化粧は女性のマナーとして大切なことですし、すっぴんで街を歩き回るのは少し気が引けてしまいます。しかし、フェイシャルエステをする際に限っては、すっぴんで行った方が良いのです。

普段からメイクをしている女性なら、必ず持っているクレンジング。最近は、濃いメイクでもするりと簡単に落とせてしまうようなものも増えています。しかし、洗浄力があるということは、それだけ肌へ負担をかけてしまう可能性もあるということになります。特に敏感肌の方だと、クレンジングでメイクを落としたあとに、肌のつっぱりや乾燥を感じたことはありませんか?せっかくフェイシャルエステを受けるのに、メイクで負担をかけたお肌をさらにクレンジングでゴシゴシとこすり、敏感な状態にしてしまってからではもったいないですし、エステでのマッサージや化粧品によって肌が傷んでしまう可能性も出てきてしまいます。

そうならないためにも、施術日はノーメイクでいることが好ましいのですが、施術前に会社や出かける予定があり、どうしても化粧をしたままエステサロンに行かなくてはならない方も、事前に伝えておけば敏感肌用のクレンジングを行ってくれるところもありますので、あまり心配しなくても大丈夫です。せっかくのフェイシャルエステ、リラックスして楽しめるようにしましょう。

フェイシャルエステごとに違う

フェイシャルエステ生まれて初めてのフェイシャルエステ。楽しみな反面、分からないことだらけで不安な気持ちもあるかと思います。そんな方に多い疑問が、フェイシャルエステに行くときには化粧を落としていくべきなのか、して行っても良いのかということでしょう。エステの施術を受けるのだから、化粧をしていては邪魔になってしまうかもしれない、でもお店までの移動中はすっぴんだと恥ずかしい、そうグルグルと悩んでいる方もいるかもしれません。

結論から言いますと、どちらでも大丈夫です。意外にも、マスクで顔を隠しながら、すっぴんでエステに行くという女性は多いようです。エステによっては、化粧を落としてから来るよう事前に言われる場合もあるようです。会社の帰りに寄ろうと思っていたので、化粧を落とす時間がない!という方も、心配する必要はありません。ほぼすべてのエステサロンでは、はじめにクレンジングを行ってくれますし、そうでない場合でも、セルフクレンジングセットが置いてあるところがほとんどです。とはいえ、つけまつげやガッツリとしたアイメイクは落としづらいので、エステサロンを予約した日はナチュラルメイクにおさえておきましょう。また、せっかくエステサロンへ行くのに、日に焼けてしまっては残念なので、メイクをしていく方はもちろん、すっぴんで行く場合には特に、紫外線対策を忘れないよう注意してください。

こちらのサイトでは、フェイシャルエステに行くときの化粧について解説していきます。これからエステに通おうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。